SBS GROUP

館内物流

館内物流導入のススメ

大都市圏を中心に次々と稼働するオフィスビルや複合商業施設。数多くのテナント企業や店舗が入居する、こうした施設では、荷物や郵便物などを集配するトラックやドライバーが頻発に出入りすることで生じる、①施設周辺エリアでの交通渋滞、②違法路上駐車、③セキュリティー管理レベルの低下、④荷捌きスペースの確保、⑤エレベーターの混雑化————などが大きな問題となっていました。

館内の物流動線を検証・改善

こうした諸課題を解決するのに有効なのが「館内物流」という仕組みです。
館内物流とは、オフィスビルや大型複合施設の設計段階から館内の物流動線の検証や改善提案を行い、竣工後に発生が想定される物流面での不具合を予め解消しておくことで、円滑な施設運営の実現をサポートするサービスを指します。

館内物流に想定される問題点

館内物流に想定される問題点

  • 施設周辺の交通渋滞?
  • 路上駐車などの環境問題?
  • 納品業者の出入りによる混雑?
  • セキュリティーレベルの低下?

館内物流の仕組みをデザイン

SBSロジコムでは、環境にやさしく安全でスムーズな館内物流ソリューションをご用意しております。専門スタッフで構成するチームがお客様とともに、施設としての「館内物流のあるべき姿」のデザインや、テナントや店舗が遵守すべきルールづくり、テナント向け説明会の開催サポートなどに取り組んでいます。

安全でスムーズ、環境にやさしい館内物流を構築

館内物流

  • 各車両に時間指定をして交通渋滞を緩和
  • 宅配業者と直納業者を分けて効率的に管理
  • 車両の着車時間を事前登録制にし、駐車スペースを効率的に運用
  • 許可された納品業者しか入館できないシステムで不法侵入を防ぐ
  • 施設の設計段階から参画し、車両台数や物量をシミュレーションしてスムーズで安全な配送が行える環境を構築

館内物流で掲載された記事一例

館内物流に関する記事が物流ニッポン2018年11月15日付「特集 ベストソリューション」に掲載されました。

メディア掲載:館内物流 納品予定表で車両分散(PDF72KB) 貨物が1日に4,000~6,000個到着する複合用途施設「二子玉川ライズ」(世田谷区)で、SBSロジコムが館内物流をサポート。納品タイムスケジュールを作成し、最大600台の車両を分散管理する他、施設近の荷捌き場も運営。直納業者を事前登録制とし、入退館を厳重に管理している。

館内物流に関する記事が輸送経済新聞社「2016 日本の物流事業」に掲載されました。

メディア掲載:館内物流 単なる配送で終わらない 効率化支える〝粋〟な業務(PDF1.25MB) 大型複合施設「ThinkParkTower」(品川区)の設計段階から参画し、物流観点から台車が相互通行可能な通路の確保や、曲がり角のミラー設置などを施工主や建設会社に提案。蓄積したデータを生かし車両台数や物量をシミュレーションすることで、スムーズで安全な配送が行える館内物流環境を整えた。館内で専門業者の直納が必要なもの以外は全てを一元管理することで、エレベーターの使用頻度を低減。入居テナントのメリットにもつなげている。

館内物流に関する記事が物流weekly2015年6月1日付号に掲載されました。

メディア掲載:館内物流 初期段階から参加 SBSロジコムの館内物流 (PDF550KB) 現場経験者でないと分からない物流面での課題がある。館内物流において、着車スペースに中途半端な高さの段や傾斜があると、積み卸に時間と手間が掛かるだけでなく、危険なケースもある。ダイヤグラムを組むことで荷捌きスペースを広くする必要がないこともある。テナント数から1台1回15分以内の搬入と予測し、一度に何台分の着車が出来れば処理できるかを逆算して提案することで、物流が適切に回る施設ができる。

館内物流に関する記事が週刊ビル経営2013年1月21日付に掲載されました。

メディア掲載:館内物流 第798号 「ビル運営費に埋もれた物流費を明確化」 (PDF174KB) 不動産オーナー様や不動産管理会社様向けに館内物流ソリューションを展開。車両の管理から配達員の入出管理までを集配代行と共に対応。1社あたりの一日の搬入出を算出し、施設内に出入りする納品車両の台数、荷物の積み下ろしに必要な作業時間などをシミュレーションを実施。館内物流によってビルの運営費の中に埋もれていた物流費を明確にすることができる。

館内物流に関する記事がLOGI-BIZ 2011年8月号に掲載されました。

メディア掲載:館内物流 「複合施設内の物流を一括して管理 ICTを活用し独自スキームで展開」 (PDF1,089KB) ビルオーナー様から箇所の物流センターの運営を任され、納品車両や作業員の入出管理およびテナント向けの荷物の集配業務を代行。宅配業者が納品する「宅配荷物」と納品業者が自家用車などで納める「直納荷物」の数量と車両台数を割り出し、双方を管理して館内物流の効率化に努めた。 集配代行と搬入出に伴う車両・入退館管理をセットで請け負うことで、セキュリティ強化にもつながる。 館内物流を導入することで、今までビルの運営費の中に埋もれていた物流費が明確になるという効果もある。CO2の排出量やエレベーター使用頻度低減による電力消費量削減などのシミュレーションも行い、さらにその効果を明確にしていく。

館内物流に関する記事がM Report 2010年8月号に掲載されました。

メディア掲載:館内物流 M Report vol.14 「大規模ビル内の共同集配市場を開拓」 (PDF514KB) 2000年の「渋谷マークシティ」の館内物流受託からこの分野に参入。「大崎シンクパーク」他、「参議院の新議員会館」なども手掛けてきた。大規模複合施設では、計画から設計、さらに着工から竣工まで数年を要し、計画及び設計段階から参画して提案を要するため、数年にわたっての営業アプローチとノウハウに基づく提案力が必要となる。床面積当たり発着の宅配個数のデータ、業種別の平均値なども有しているため、宅配便事業者ごとのシェアや、それに基づく集配車両台数の予測も可能。バースの必要条件や荷捌きスペースの広さ、ドアやエレベータの仕様やその利用効率、床面積当たりに必要な館内物流のスタッフ人数などを設計段階から提案できる。

当社の館内物流部隊には、新橋駅前や中野駅前の再開発プロジェクトをはじめ、数多くの受託実績があります。新規オープン予定の施設のみならず、既存施設における館内物流の導入にも対応が可能です。
これまでのプロジェクト事例は以下の各ページでご確認いただけます。

館内物流サービス

このサービスは、当社が発行している 物流情報誌
「LOGILINK‐ロジリンク VOL.2」で特集されました!
簡単なお手続きで全LOGILINKをPDFにてダウンロードいただけ
ます。 弊社の取り組みを更に詳しくご覧ください。

詳細はこちら

このページを訪れた人はこんなページも見ています

メール室サービス
事業所訪問:第1回 中野セントラルパーク 館内物流
館内物流事例:二子玉川ライズ様
お客様の声:Francfranc(フランフラン)様

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部
050-1741-3201

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

城南島支店
EC物流アウトソーシングの進め方
物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部
TEL:050-1741-3201

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る