SBS GROUP

物流コストを削減したい

物流現場における改善活動の成果をお客様に還元
細かいコストダウン積み上げでトータル費用を削減

物流拠点の統廃合や配送業務の委託先変更など物流費削減の手法は数多くあります。物流体制をゼロベースで見直す大規模な物流・ロジスティクス改革プロジェクトを通じたコストダウンの実現はもちろん大切ですが、本来、物流領域で重要なのは、日々の現場オペレーションにおいて細かな改善活動をコツコツと続けていくことによって、無駄なコストを少しずつ削減していくことです。

物流コスト削減アイディアは現場からも
自主的に課題を見つけて早急解決

物流コスト削減 SBSロジコムでは大規模な物流・ロジスティクス改革プロジェクトのサポートのみならず、日々の改善活動で得たコスト削減の成果をお客様に還元していくことにも力を入れております。お客様に指示されてから動き出すのではなく、自主的に現場の“ムダ”や課題を見つけて、それを早急に解決していく“カイゼン”マインドが末端の作業スタッフ1人ひとりにまで浸透。現場からのボトムアップでお客様に対して物流コスト削減につながる様々なアイデアやソリューションをご提案いたしております。

グループ全体で取り組む物流コスト削減

物流コスト削減 また、SBSグループの総合力を活かした物流コスト削減にも取り組んでいます。たとえば、トラック輸送の「グループ統合配車」はそのうちの1つ。SBSグループ各社で走行しているトラックのうち、納品先や方面が共通しているトラックについては共同運行・共同配送を実施。トラック1台当たりの積載効率を高めて荷物1個当たりの運賃ダウンを実現することによって、お客様に浮いた分のコストを還元していくという試みです。

物流コスト削減アイディア

事例1
物流センターの統廃合
エリアごとに分散設置していた複数の物流拠点を、例えば東西2カ所に集約することで、商品在庫の削減や横持ち輸送費の削減などを実現できます。物流拠点の集約化に伴い、施設の大型化が必要になりますが、当社グループは、そうしたニーズに適した使い勝手のいい倉庫を全国各地に展開しています。
事例2
物量波動に合わせたスタッフ配置
日々変化する入出荷量に合わせて、過不足なく作業スタッフを投入することができれば、物流コストを低く抑えることができます。そのためには、どの業務にどれだけの労働力が必要になるのか、工程・工数管理の徹底が求められます。また、人手による対応のみならず、各種マテハン機器を活用した省人化・省力化の取り組みも欠かせません。当社では、AIや物流ロボットなど物流DXを駆使していくことで、物量波動に左右されない庫内オペレーション体制を確立します。
事例3
積載率を高める最適配車
荷台に空きスペースが目立つ幹線輸送や配送は、ムダな物流コストの発生にほかなりません。一度にできるだけ多くの荷物を積んで運ぶ。積載率を高めることの重要性は常に認識していながらも、思うようには実現できていないケースが少なくありません。当社ではグループ全体で1日当たり数千台のトラックが稼働しています。そのため、同業他社に比べ、荷物の混載化や共同輸配送化をご提案しやすいという優位性があります。お客様にとって最適なトラック配車を実現することで、輸送コストの削減に貢献します。

その他、物流コスト削減の事例は下記のページからご覧いただけます。

物流コスト削減 事例

このページを訪れた人はこんなページも見ています

3PLコンサルティング事業
物流現場改善事例
物流リードタイムを短縮し…
通販物流を委託したい

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部
03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

城南島支店 横浜幸浦支店
物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部
TEL: 03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る