SBS GROUP

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは

提案力・情報力・開発力・運営力で
お客様のロジスティクス改革をサポート

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)は、90年代初めに欧米から流入してきた物流・ロジスティクス領域の新サービスです。一般的には、「荷主企業に代わって、最も効率的な物流戦略の企画・立案や物流システム構築の提案を行い、かつ、それを包括的に受託し、実行する。荷主でもない、単なる運送会社でもない、第三者として物流部門の機能を代行し、高度な物流サービスを提供すること」を指します。

このような定義からすると、本来、当社のような物流会社は3PLになり得ません。物流・ロジスティクスの効率化を追求した結果のコストダウンは、物流会社にとって収益減となるため、クライアントである荷主企業に対して最良な提案がなされない可能性も否定できないからです。そのため、3PLの担い手は、物流会社以外が理想だと言われています。

しかし現実には、多くのケースで物流会社が3PLとしての機能を担っています。物流管理をアウトソーシングする荷主企業と、管理の実務を請け負う物流会社の間に“第三者”が介在すると、その分コストアップになるほか、トラックや倉庫などのハードを持つ物流会社のほうが、実務の安定性や継続性が高いからです。

私たちSBSロジコムならびにSBSグループでは、①荷主企業との直接契約、②中長期計画、③複数業務の一括受託――といった条件を満たす物流業務を3PLとして定義し、現在、サプライチェーン領域で発生する輸送、梱包、保管、荷役、情報管理といった様々な業務を、お客様に代わって受託・運用いたしております。

SCMにおける3PLの概念

【SBSグループの3PLの定義】 ①荷主企業様と直接契約していること ②中長期計画があること ③複数業務を一括で受託していること ●サプライチェーン領域で発生する各過程の 「サプライヤーによる供給」 「メーカーによる生産」 「卸による流通」 「小売りによる販売」上で発生する ●物流業務 ・輸送 ・梱包 ・保管 ・荷役 ・情報管理 をお客様に代わって受託・運用。 【SBSグループの3PL】とは *提案力 ・全体最適による物流改革提案 ・データ分析を重視した提案 ・物流現場を熟知した提案 *情報力 ・情報システムの開発から運用まで提案 ・独自開発センター管理システム *開発力 ・物流センターを独自開発、提供できる ・最適施設でコスト削減を最大化できる *運営力 ・鍛え抜かれたローコストオペレーション ・改善活動による効率品質を成長させる現場

3PLサービスを提供する同業他社との差別化ポイントは、①提案力、②情報力、③開発力、④運営力――の4つ。具体的には、お客様が描く「ロジスティクスのあるべき姿」の実現に向けた、データ分析などを通じた改革内容のご提案(コンサルティング機能)、日々の効率的な物流オペレーションに欠かせない各種情報システムの開発・運用、物流センターなどインフラの開発・提供、改善活動などを通じて培われたローコストオペレーションの提供によって、あらゆる業種業態のお客様にご満足いただける3PLサービスを展開いたしております。

 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部
03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

城南島物流センター
物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部
TEL: 03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る