SBS GROUP

3PLとは(サードパーティ・ロジスティクスとは)

3PLは、ロジスティクス領域の新サービス

3PLとは? 3PL(サードパーティ・ロジスティクス)は、90年代初めに欧米から流入してきた物流・ロジスティクス領域の新サービスです。一般的には、「荷主企業に代わって、最も効率的な物流戦略の企画・立案や物流システム構築の提案を行い、かつ、それを包括的に受託し、実行する。荷主でもない、単なる運送会社でもない、第三者として物流部門の機能を代行し、高度な物流サービスを提供すること」を指します。

3PLはアウトソーシングの受け皿

このような定義からすると、本来、当社のような物流会社は3PLになり得ません。物流・ロジスティクスの効率化を追求した結果のコストダウンは、物流会社にとって収益減となるため、クライアントである荷主企業に対して最良な提案がなされない可能性も否定できないからです。そのため、3PLの担い手は、物流会社以外が理想だと言われています。

しかし現実には、多くのケースで物流会社が3PLとしての機能を担っています。物流管理をアウトソーシングする荷主企業と、管理の実務を請け負う物流会社の間に“第三者”が介在すると、その分コストアップになるほか、トラックや倉庫などのハードを持つ物流会社のほうが、実務の安定性や継続性が高いからです。

「ロジスティクスのあるべき姿」を実現する3PL

私たちSBSロジコムならびにSBSグループでは、①荷主企業との直接契約、②中長期計画、③複数業務の一括受託――といった条件を満たす物流業務を3PLとして定義し、現在、サプライチェーン領域で発生する輸送、梱包、保管、荷役、情報管理といった様々な業務を、お客様に代わって受託・運用いたしております。

3PLサービスを提供する同業他社との差別化ポイントは、①提案力、②情報力、③開発力、④運営力――の4つ。具体的には、お客様が描く「ロジスティクスのあるべき姿」の実現に向けた、データ分析などを通じた改革内容のご提案(コンサルティング機能)、日々の効率的な物流オペレーションに欠かせない各種情報システムの開発・運用、物流センターなどインフラの開発・提供、改善活動などを通じて培われたローコストオペレーションの提供によって、あらゆる業種業態のお客様にご満足いただける3PLサービスを展開いたしております。

SCMにおける3PLの概念

SBSグループの3PL(サードパーティ・ロジスティクス)の定義 ①荷主企業様と直接契約していること ②中長期計画があること ③複数業務を一括で受託していること ●サプライチェーン領域で発生する各過程の 「サプライヤーによる供給」 「メーカーによる生産」 「卸による流通」 「小売りによる販売」上で発生する ●物流業務 ・輸送 ・梱包 ・保管 ・荷役 ・情報管理 をお客様に代わって受託・運用。 【SBSグループの3PL】とは *提案力 ・全体最適による物流改革提案 ・データ分析を重視した提案 ・物流現場を熟知した提案 *情報力 ・情報システムの開発から運用まで提案 ・独自開発センター管理システム *開発力 ・物流センターを独自開発、提供できる ・最適施設でコスト削減を最大化できる *運営力 ・鍛え抜かれたローコストオペレーション ・改善活動による効率品質を成長させる現場



3PL対応事例(一部)

業種 取扱商材 ご依頼内容と対応 主な業務内容
文具メーカー 文具 BCP(事業継続計画)の観点から新たに東日本エリアに新拠点を開設。その拠点での庫内オペレーションと配送管理業務を受託。 荷受、検品、保管、ピッキング、仕分け、流通加工、梱包、出荷、配送
機器メーカー 映像機器、音響機器、メディア 海外工場で生産された製品を国内物流センターで荷受けし、オーダーに合わせて全国各地の地域デポや量販店の一括物流センター向けに供給。 デバンニング、保管、配送&納品、返品製品の検品
家具小売 輸入家具 海外生産の家具製品の輸入通関から、日本国内物流センターの運営、店舗配送、エンドユーザー配送などを一元管理。お客様は物流管理を一括委託することで、大幅なコスト削減に成功。 輸入業務、センター運営、組み立て設置、補修等の付帯サービス、コールセンター的機能
メガネ企画及び販売 メガネレンズ、フレームなど 膨大なアイテム数のレンズ・フレーム製品のセンター運営業務、お客様の得意先様である全国数万ヵ所の小売店への発送・配送業務を受託。センターレイアウト設計からマテハン選定、情報システム活用を通じてリードタイムを大幅短縮を実現。 荷受け、検品、保管、在庫管理、ピッキング、配送納品
ホームセンター 工具建材、園芸用品、インテリア用品、家電、レジャー用品、キッチン用品、ペット用品など 全国に店舗展開するお客様に代わり、一括物流センターの運営を受託。配送効率向上、店舗側の荷受け業務負担の軽減、欠品防止による販売機会ロスの低減に成功。ベンターへの集荷にはミルクランを導入し、輸送コストの削減にも成功。 センター運営、主要ベンダーへ巡回集荷、WMS導入
化粧品販売 化粧品など 品数が多く、季節ごとに入れ替えが発生する化粧品の物流管理業務を一括受託。バーコードや作業マニュアルの活用で、ミスを発生させない庫内オペレーション体制を構築。 保管、ピッキング、流通加工、直営店や百貨店に納品、エンドユーザー供給、返品処理
ワイン輸入商社 ワイン、リキュールなど ワイン専用の定温・定湿対応の物流センターで、輸入ワインの物流業務を受託。庫内環境と配送時の設備はもちろん、各種研修を受講し、実務経験も豊富な作業者による高品質物流オペレーションを提供。 ドレージ輸送、保管、ピッキング、ラベル貼付、梱包、配送
小売り業 雑貨、食品、書籍など 首都圏の鉄道駅構内外の店舗で、多種多様な商品を販売する小売業様の物流センター運営業務を受託。自社開発のWMS導入で、在庫精度を向上、作業スピードアップ、短納期を実現したほか、管理業務の簡素化でコストダウンに成功。 入出荷作業、配送、返品品の検品・ベンダー配送
ペットフード販売通販 ペットフード、ペットケア用品など ペットフード、ペットケア用品の物流業務を受託。月~土(祝日除く)14時までの注文は当日、それ以降は翌営業日出荷に対応。ペットフードを3温度帯食品と同じ管理レベルで取り扱い。 商品管理、ピッキング、流通加工、発送
スーパーマーケット 食品、日雑品など 1日当たりトラック700台分の入荷ボリュームを誇る物流センターの庫内オペレーションと店舗配送業務を受託。入荷された商品は仕分け後、東京近郊や静岡など約90店舗に365日体制で納品。各種マテハン機器を導入し、スピーディーかつ高い精度の作業を実施している。 荷受け、仕分け、庫内オペレーション、マテハン導入、店舗配送業務、センター内でのリサイクル施設併設
オフィス用品販売 文具、OAサプライ、オフィス家具 全国の事業所から電話やインターネットなどで寄せられる注文データを基に、ピッキングし梱包後出荷。当日出荷で納品リードタイム短縮を実現。 入荷、ピッキング、梱包、発送代行
通販ベンチャー ヘアケア商品・健康食品・化粧品・雑貨・家具 自前の物流センター運営をアウトソーシングに切り替えることで、物流費を大幅に削減。急激な事業拡大で増えていく取り扱いアイテム数に対し、スピーディーかつローコストなオペレーションを提供。 入出荷・流通加工・梱包・発送代行
ケーブルテレビ局 セットトップボック、ケーブルモデム、リモコン ケーブルモデムの作動チェックやメンテナンスといったリバースロジスティクス一部業務を受託。入出荷の作業状況などを情報システムで一元管理して業務を可視化することで、在庫管理業務の改善に成功。 作動チェック、製品クリーニング、集荷~再供給
ドラックストア 医薬品、日雑品、食品 全国チェーン展開するドラッグストア様に代わり、各エリアの一括物流センターで庫内オペレーション、各店舗へのルート配送などを担当。 荷受、仕分け、配送、納品、店舗からの返品や通い箱回収、センター立ち上げ企画、3温度帯対応
大手スポーツ用品メーカー(オンラインストア) スポーツウェア、シューズ、雑貨 スポーツ用品メーカー様のオンラインストアにおける販売物流業務を担当。正午までの受注データを当日出荷対応。在庫適正化のため、製品の在庫状況や出荷情報をリアルタイムで提供する情報インフラも整備。 荷受け、検品、在庫管理、ピッキング、梱包、発送、返品処理

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部
03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

城南島支店 横浜幸浦支店
物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部
TEL: 03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る