SBS GROUP

CO2排出量を抑制したい

鉄道や船舶へのモーダルシフトをご提案
共同物流・エコドライブ・省エネ施設改修も

CO2排出量を抑制したい 地球環境保護を目的としたCO2排出量の削減は、業種・業態を問わず、あらゆる企業にとって喫緊の経営課題の1つとなっております。環境対策としてクールビズ導入やグリーン購入などに取り組む企業が相次いでいますが、物流領域では輸送モードをトラックから鉄道や船舶に切り替える「モーダルシフト」を推進する企業がここ数年、増加する傾向にあります。

SBSロジコムでは長年にわたって鉄道貨物輸送の集配部分を担う通運サービスを提供しており、CO2排出量削減に向けたモーダルシフトをお考えのお客様に対して様々なご提案が可能です。幹線輸送の一部を鉄道輸送に切り替えてもトラック輸送と同等のサービスレベル(例えば、従来の納品リードタイムを維持できる)を確保できる輸配送体制のご提案、さらにCO2排出量シミュレーションのサポートなどを通じて、お客様のニーズに応えております。

また、モーダルシフトだけではなく、物流共同化(共同倉庫、共同配送)によるCO2排出量削減もご提案しております。複数のお客様同士で物流センターなどのインフラを共同でご活用いただいたり、届け先の共通するお取引先様に対して共同便で商品を供給するといった取り組みによって、無駄な施設スペースや無駄な運行・配送を減らし、CO2排出量を減らしていこうという試みです。

さらに、ドライバーに対するエコドライブ教育を強化しているほか、物流センターには太陽光発電システムやLED照明を導入するなど、様々なアプローチで環境対策に取り組んでおります。

“地球にやさしい”物流パートナーであるSBSロジコムをご指名ください。

CO2排出量抑制 事例

 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部

通話無料(IP/ひかり電話以外からご利用ください)
受付:月~金 AM9:00-PM6:00

物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部

通話無料(IP/ひかり電話以外)
受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る