SBS GROUP

海外物流センター運営

自社・グループ会社がアジア各国に拠点
“日本品質”の庫内オペレーションを提供

SBSロジコムおよびSBSグループ各社では現在、中国、インド、タイ、シンガポール、フィリピンなど経済成長著しいアジア主要国での物流事業を強化しております。とりわけ、近年は、国際フォワーディングやトラック輸送といった物流サービスのみならず、現地での物流センター運営事業に力を注ぎ、アジア各国の国内向け、さらには日本と各国を行き来する貨物の入出荷業務を手掛けております。

例えば、タイでは、現地パートナー企業との合弁会社を通じて、大型の自社物流センターを稼働いたしました。同センターでは主に自動車やハイテク産業向けに入出荷、在庫管理、流通加工、通関代行など複数の物流機能を一括で管理する3PLサービスをご提供いたしております。また、中国ではアパレル向けの検針・検品サービスを提供するなど、アジア各国において、様々な業種業態のお客様のニーズに対応した物流センター運営事業を展開いたしております。

改善活動当社の海外における物流センター運営事業の特徴は、精度の高い“日本品質”“日本スタンダード”の庫内オペレーションサービスをご提供している点です。日本での事業で培ってきた実務経験やノウハウ、さらにスタッフを海外拠点に投入することはもちろん、日本で継続してきた現場改善活動(写真右は物流センターの改善調査の様子)で得た、コスト削減につながる各種ソリューションを、海外の各拠点でも実践いたしております。

海外での物流センター運営は、「安い人件費=物流コスト削減の原資」と捉えられがちですが、当社では、そこに“現場の知恵”というエッセンスを加えることで、より一層のローコストオペレーションを実現いたしております。

 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部

通話無料(IP/ひかり電話以外からご利用ください)
受付:月~金 AM9:00-PM6:00

物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部

通話無料(IP/ひかり電話以外)
受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る