SBS GROUP

CO2削減効果

鉄道利用のCO2削減シミュレーションを実施
鉄道輸送の上手な活用法を通運のプロがご提案

環境にやさしい輸送モードとして注目を浴びている鉄道貨物輸送ですが、いったいどれだけのCO2削減効果があるのか? 詳しくご存じではないお客様も少なくないのではないでしょうか?
このコーナーではトラック輸送と鉄道輸送とではCO2排出量にどのくらいの差があるのかを簡単にご紹介します。

CO2削減シミュレーション

輸送条件 貨物輸送量 10トン
輸送距離 約600キロメートル(東京―大阪間を想定)
トラック輸送の
CO2排出量
排出量 約1トン
計算式 10(トン)×600(キロメートル)×173(gCO2/トンキロ)=1038キログラム
鉄道輸送の
CO2排出量
排出量 約0.2トン
計算式 鉄道部分
10(トン)×580(キロメートル)×22(gCO2/トンキロ)=127.6キログラム
集配部分(トラック)
10(トン)×20(キロメートル)×173(gCO2/トンキロ)=34.6キログラム
合計
鉄道部分+集配部分=162.2キログラム
1年間(365日輸送)で
計算すると・・・
トラック輸送の排出量 : 378.9トン
鉄道輸送の排出量   : 59.2トン

お客様のモーダルシフト効果を算出・ご提案

このようにトラック輸送から鉄道輸送へのモーダルシフトを実行すると、CO2の排出量にこれだけの差が生まれます。お客様の場合、どれだけの効果があるのか?SBSロジコムでは専門のスタッフがお客様の利用シーンに応じたCO2削減効果を診断するサービスを提供しておりますので、鉄道輸送への切り替えをご検討される際には是非一度お声がけください。

 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部
03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

大阪南港物流センター
物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部
TEL: 03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る