SBS GROUP

物流事例:大手機器メーカーJ社様

日本国内向けマザーセンターの運営を受託
海外生産の家電、AV機器、メディアを供給

私たちSBSロジコムでは、大手機器メーカーであるJ社様の日本国内向け物流センターの運営業務を受託しております。J社様がタイ、マレーシア、中国など海外の自社工場および協力会社工場で生産した映像機器、音響機器、メディアといった製品を、京浜港で陸揚げした後、当社の川崎市の物流センターに入庫し、オーダーに従って、全国各地の地域デポや量販店の一括物流センター向けに供給しております。

J社様にとって、日本国内向けのマザーセンターという位置付けになる川崎市の物流センターで取り扱っているのは、特定の企業向け機材など約2,000~3,000アイテム、一般コンシューマー向け約1,000アイテム。製品は、重量や容積の大きい機械類から、軽量なメディアやコード類まで多岐に渡ります。高額かつ破損リスクの高いデリケートな製品も少なくありません。

これら海外で生産された製品の入った海上コンテナをデバンニングして物流センターの保管スペースに格納。出荷指示に応じて、製品をケース単位やピース単位でピッキングした後、札幌、大阪、福岡などの地域デポや、家電量販店やホームセンター、総合量販店の物流センターに納品します。配送には路線便と専用便を活用しております。

また、物流センターでは返品業務にも対応しております。店舗やエンドユーザーから戻ってきた製品の不具合部分をチェックしたり、化粧箱を交換したりすることで、不良品と良品の選別作業を行います。こうした一連の物流センター業務を作業スタッフ約40~50人体制で受託。高品質でローコストなオペレーションをお約束する3PLサービスのご提供を通じて、J社様のサプライチェーン効率化をご支援させていただいております。



その他の物流事例をご覧になりたい方はこちら
 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部
03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

大阪南港物流センター
物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部
TEL: 03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る