SBS GROUP

共同配送

競争するのは商品開発や販売の領域だけ
物流は共同化でコスト削減メリットを享受

共同配送|販売物流 デフレ不況の影響でコストダウン要求が高まる中、改めて注目を集めている物流コスト削減スキームの1つが「共同配送」です。共同配送は、届け先(納品先)の共通する複数のプレーヤー(メーカーなど)が互いに荷物を持ちより、特定エリアの配送業務を共同で行うことでトラックの積載効率などを高め、コスト削減を実現しようという取り組みです。現在、SBSロジコムではこうしたニーズに応えるべくサプライチェーンの上流および下流の領域において共同配送を提供いたしております。

例えば、上流領域ではメーカー共同配送に対応。複数のメーカーが共同で利用する物流センターを当社が用意してお客様各社の商品を保管、オーダーに従って卸の物流センターや小売業の一括物流センターに混載便で納品しております。それによって、センターおよび配送サービスをご利用いただくお客様は、自社単独の物流システムを構築・運用するのに比べ大幅にコストを削減することができます。

同業他社と競争するのは商品開発や販売といった本業部分だけ。コアではない物流業務は共同化することで、コストダウンを実現するという発想に切り替える企業が増えております。共同配送をご検討中のお客様は食品や日用雑貨など様々な業種・業態でプロジェクト実績が豊富な当社までご相談ください。

共同配送

共同配送

このサービスに関連する事例はこちら


 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部

通話無料(IP/ひかり電話以外からご利用ください)
受付:月~金 AM9:00-PM6:00

物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部

通話無料(IP/ひかり電話以外)
受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る