SBS GROUP

設備計画

マテハンなど必要な設備と庫内レイアウトを設計
解析ソフトでモノと人の動きをシミュレーション

運用計画に続いて、お客様の新しい物流拠点で必要となる設備の計画に入ります。庫内オペレーションの業務内容と処理量を基に、どのようなマテハン機器や情報端末が必要になるのかを判断し、最適な設備の導入をご提案します。もちろん、設備ありきで庫内オペレーションを設計するのではなく、マンパワーのみで十分に処理できる業務内容・処理量であれば、投資負担増となる設備導入は極力回避できるよう計画を立案いたします。

運用計画(業務内容・処理物量)から必要な設備と庫内レイアウト

運用計画(業務内容・処理物量)から必要な設備と庫内レイアウトを設計

具体的な設備の導入を最終決定するまえに、設備を導入した場合、物流拠点での庫内オペレーションが日々どのように動いていくのかを、解析ソフトを用いたシミュレーションを通じて明らかにしていきます。このくらいの能力があるマテハン機器を入れると、1時間当たり何ケースを処理できる。また、仕分け機のシュートは何口用意すべきだ、など様々な条件をプログラムに入れることで、庫内オペレーションの詳細設計が可能になります。

センターオペレーション設計解析ソフトを活用し詳細設計シミュレーション

センターオペレーション設計解析ソフトを活用し詳細設計シミュレーション

解析ソフトを活用することのメリットは、拠点内のモノの動きを二次元、三次元で捉えることができるため、実際のオペレーションの様子をイメージしやすくなるという点です。当社では、このソフトで設計シミュレーションを繰り返すことで、設備の過剰スペック度合いなどを把握し、それを改善していくことで、お客様にとって最適な設備計画をご提案いたしております。

 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部
03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部
TEL: 03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る