SBS GROUP

現状分析

入出荷実績など各種生データをお預かりし
「物流のいま姿」を数値化して洗い出し

お客様に新しい物流システムをご提案する際、私たちSBSロジコムの3PL部隊がまず取り掛かるのが現状分析。お客様の既存の物流システムがどのような状況にあるのかを正確に把握するのが目的です。物流センターなど“現場”にお邪魔して、オペレーションの様子を見学させてもらうことはもちろん、お客様との間で守秘義務契約を交わしたうえで、入出荷データや商品マスターなど生のデータをご提供いただき、そのデータを細かく分析していくことで、ロジスティクスの実態を明らかにしていきます。

現状分析事例

SCMにおける3PLの概念

日々、どのカテゴリーのモノがどれだけ入ってきて、それがどこにどれだけ出荷されているのか。そのボリュームをどれだけの作業スタッフで処理しているのか。在庫量や保管スペース、配車は適正なのか。季節波動は生じていないか――ご提供いただいたデータを基に、新しい物流システムに移行する際の運用計画作成の基礎になる数値を設定します。こうした現状分析をいかに正確に行えるかで“物流改革”の成否が決まるといっても過言ではありません。

データ分析事例 1

(データ分析)1日あたりの入荷形態別処理数を算出⇒運用計画作成の基礎となる数値を設定

例えば、ホームセンター様向けの現状分析業務では、①店舗単位の商品群別の荷量分析、②商品特性別の荷量分析、③出荷先別のトータル荷量分析――などに取り組みます。ご提供いただいたデータを基に、どのカテゴリーの商品がどれだけ(ケース数、ケース当たり重量、ケース当たり容積など)店舗に供給されているのかを正確に把握することで、日次のオペレーション計画策定の基礎となるデータを整理していきます。

データ分析事例 2

(データ分析)処理数総量から店舗別・部門別処理ケース数を算出⇒日次の運用計画策定の根拠を設定

 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
営業情報部
03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSロジコム営業情報部
TEL: 03-3829-2280

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る